木村拓哉というオトコ

元日にフジテレビの(さんタク)をみていたら、木村拓哉のかっこよさを疑問に思った。
(さんタク)が始まったのは、以前明石家さんまが出演していた(空から降る一億の星)があったから。
その中で、さんまは刑事役、キムタクは、犯人役だった。
キムタクは、自分では手を下さず、恋愛感情を巧みに操り、嫌いな人を人に殺害させる。
というドラマだった。
キムタクのドラマにしては、先が見えず面白いドラマだと思った。


私は、以前から思っていたが、キムタクは、テレビのトークが面白くない。
なので、さんまファンの母親も、さんまが、(さんタク)でSMAPのコンサートにゲスト出演するところまではみていたが、それ以降は近所に買い物に出た。

スマステーションに以前出た時もギターの話しを熱く語っていたが、大した話しではなかった。

雑誌an・anで数年一位をとり続けていたが、実際は、an・anの編集長が単にキムタクのファンだったから。
ということが、囁かれている。

芸能人を大事にし過ぎる日本の芸能界でまわりからチヤホヤされてきたキムタクが実はそんなに世間から受け入れられていないことをキムタク自身が気づいていないように思う。